東京で汚部屋を片付ける仕事を募集していたため、実際にどのようなものであるか体験することにしました。汚れている部屋は様々なことが原因で起きるようですが、掃除が面倒になってそのまま放置して無断で退去されることも多く周囲の住民の迷惑になるためオーナーは苦労しているようです。掃除はこのような状況を改善するために依頼されますが、予想以上に悪臭が強くて一筋縄ではいかないこともあります。作業は二人で手分けしてしないといけないため現場に着くまでにどのように行動するか決めないと厳しく、テキパキとして近所に迷惑がかからないように努めました。

汚部屋は荷物が多く散乱しているため外に出して整理をしないといけませんが、近所の住民から苦情が出ないようにすることが求められます。作業は周辺の銃員が不在のタイミングで依頼されますが、完了後も消毒をしないとにおいが残るためにテキパキとしないといけないため苦労しました。掃除は荷物を運ぶ際にも強いにおいがするため一筋縄ではいかないもので、部屋を汚くすると周囲に迷惑をかけることを実感したものです。東京は家賃が高いため古いアパートなどを中心に極度に汚れた部屋が多く発生し、周囲に迷惑をかけているため作業員が足りなくてアルバイトを募集する傾向があります。

東京で汚部屋を片付ける仕事は何度か体験しましたが、時給が高くても割に合わないと感じたものです。やはり汚れた部屋を掃除する時は体に汚れが付きやすく、肌がかゆくなるなど違和感がありました。部屋の汚れは家具など荷物が散乱すると床や壁などにこびりついて取れなくなるため、洗剤を使ってつけ置きをしないといけないため手際よくしないといけないものです。作業は体がスムーズに動かないと進みにくくなるため、なるべくにおいを嗅がないように息を止めました。部屋を片付ける時は経験を積むと様々なことを体験でき、日常生活に役立つきっかけをつかんだことは良かったと感じたものです。