汚い部屋を掃除したことがあるのですがうまくいく方法としてはどんどん物を捨てていくということがベストと自分では思っています。要するにいらないものがたくさんあるからこそ汚部屋になってしまっているということになるわけですから一見必要そうなものであろうともどんどん捨ててしまうということによってうまくいったりすることもあるわけです。ゴミを捨てる時には粗大ごみなどがどうしてもそのまま捨てるということができないわけですから、手間がかかりますしお金もかかるということになります。汚部屋には、まったくメリットがない、ということになります。そういう意味においてどんどん物を捨てるというのが片付ける方向においてベストであったりすることが多いです。キレイであれば大事なものとか必要なものがきちんと残されているわけですが汚い部屋というのは大半がいらないものであり不要なものであるということですからそのまま捨ててしまっても問題ないことの方が圧倒的に多いわけです。